STAFF BLOG

「ヨヰシグレ」あかまるインタビュー

2020/10/15にTHE BINARY あかまるの新曲「ヨヰシグレ」のMVを公開しました。
作詞・作曲を手掛けたのはボカロペンネームのみでなくバンドとしても、独自の世界観を創出しているのコメダワラさんです。

今回は、コメダワラさん作詞作曲の楽曲について、
あかまる自身がどのように感じ・何を伝えたくて歌ったのか?
楽曲の真意に迫りたいと思い、インタビューをいたしました。

ーー「ヨヰシグレ」のデモ聞いて、第一印象はいかがでしたか。
ちょっと馬鹿みたいなんですけど…あぁ。好きだ!あぁ。どう歌おうか!あぁ。早く歌いたい!
これでした。 どんな風に歌い上げてやろうか...そればかり考えて、わくわくしちゃって、夜あまり寝れませんでした。

ーーどこに力を入れて歌いましたか。
ラスサビに全てを注ぎ込みました!
パッと聞くと荒々しく聴こえる歌声だと思うんですけど、その中にも主人公の自立した力強さと人としての弱さが垣間見えるような、
そんな様な繊細な表現にこだわりました。

ーー歌う上で難しいと感じたところはどこですか。
Bメロです!!
ブレスの位置をしっかり固定して歌わないと絶対に息が持ちません…ライブが怖い一曲でもあります。
おうちで何度も何度も調整して、1番歌ってて気持ちいい、聴いてて心地よいブレスの位置を身体に叩き込んだ記憶があります(笑)。

ーー特に注目して聞いて欲しいところはどこですか。
答え被っちゃいますが、ラスサビです!
ラスサビに合わせて、キーも試行錯誤しましたね…。
コメダワラさんにも付き合っていただいて、一番ラスサビが

ーー最後にMVで一番気に入っているところはどこですか。
まずは、このご時世の中、快くご協力くださった東放学園さんにお礼を言いたいです。本当にありがとうございました。
オンラインでの作業という慣れなくて辛い環境だったと思いますが、一人一人が頑張ってくださったと思うと胸が熱くなります。
学生の皆さんから斬新なアイデアがたくさん出てきて、コンテなど見るのがとても楽しかったです。
ライオンさんが緑色なのは、きっとmidoちゃんを意識していただけたのかな?なんて細かいギミックも嬉しかったですし、
何より、音の世界感を映像で表現するという難しい作業過程の中にTHE BINARYに対する愛情も感じました。
MVがついて新しい表現が加わった「ヨヰシグレ」をスイミーのみんなにも楽しんでもらいたいなと思います。
感謝と尊敬を込めて、東放学園の皆様!素敵なMVを本当にありがとうございました!!

ーーありがとうございました!
ありがとうございました!

ヨヰシグレ by THE BINARY mido Music Video